負けトレードのイライラを抑える方法
負けトレードの後は焦って感情トレードしてしまったり、イライラして集中出来ない状態になってしまう事がありますね。今でもこの感情と付き合っていますが、昔に比べて随分とイライラする気持ちを抑える事が出来ております。

今回はその負けトレードのイライラをおさえる方法をご紹介したいと思います。



パソコン画面をぶっ壊した過去

負けトレードを1回してしまうと、立て続けに連続負けをしてしまった過去が何度もあります。FXに腹が立ってむかつき、PCのモニターを叩き割ってしまったこともあります(-_-;)

今思えば、懐かしい思い出ですが、そのくらい本気でやっているのに、「なんで逆行するんだ!!」と夜中に怒鳴り散らすほどでした。未熟な自分が恥ずかしく思いますね。

こんな経験はないにしろ、負けトレードでついつい勘定むき出しになり、さっき負けた分を取り戻そうなんてトレードになってしまいがち…しっかりと感情を抑えて冷静な自分を取り戻す2つの方法です。最初はなかなか難しいですが、習慣にまで落とし込めば、負けトレードも自分のレベルがよくわかり、自分を俯瞰できますのでお試しください。

イライラをおさえる方法

負けトレードの直後は、30分ほど休憩をしましょう。PCから離れて、テレビを見たり、読書したり、風呂に入ったり、食事したりと気持ちを無理やり切り替える方法を見つけてください。

効果的な気持ちの切り替え方法として、筋トレもいいと思いますよ(^_-)-☆

一旦、気持ちを切り替えて、再度「よしチャートを見直そう」という気持ちになるまでPCから離れる事です。

負けエントリーを検証する

再度、気持ちの切り替えや整理がついてチャートをチェックする時に、次に先ほど負けたトレードの検証を行います。この時はめちゃくちゃ悔しい気持ちやめんどくさいという気持ちが最初は強いですが、

自分に打ち勝つ=常勝トレーダー

と考えて、負けトレードの検証を行ってください。この部分は非常に重要と思います。今の自分では負けてしまっているレベルと自分で認識しないといけません。自分で自分の悪い箇所を見つめる作業ですので最初はつらくめんどくさいです。

しかし絶対に今のウザイ会社を退職して専業トレーダーになると決めたなら、必ず乗り越えないといけない実務です!
10回ほど続けると習慣化されますのでとにかく続けてください。

感情ノートを付ける

更に、負けトレード直後の感情ノートをつける習慣を身に付けてください。

負けた時の気持ち

この気持ちを思いっきり書いていくノートを作るという事です。できれば手書きがおすすめです。

誰も見ないと思いますので、その時の感情を思いっきり書いていただければと思います。そしてこの感情ノートを1週間に1回読み直します。私は土日に読み返しております。

読み返してみると、その時の感情を冷静な自分が読むと、「私はまだまだのレベルなんだな~」と自分を俯瞰できるようになってきます。なりたい自分にふさわしい行動とは思えなくなり、次第に負けトレードの回数が減ってくるのが実感できると思います。

簡単ではありますが、2つの負けトレードのイライラを抑える方法をご紹介しました。お役に立てば幸いです。
大切な資金を飛ばさないためにも、自分を知ることが何よりの大切です。

FXで「待つ」ための最強の無料冊子

FXで勝つようになりたいなら、下記を守れるかどうかにかかっています!

・勝てる相場のみでエントリーする
・損切りルールを守る

頭ではわかっていても、実際にトレードとなると守れないものです。

なぜでしょうか?

それは、相場を対局的に俯瞰できていないからという事がルールを守れない大きな理由です。
勝てる相場のみで勝負しないと絶対に最終的に勝てません。負ける相場ももちろんありますが、トータルで利益が残るトレードが重要です。

私は、こちらの書籍で概念を理解しました。とても参考になる書籍で送料のみでお手元に届きます。大衆心理を利用し、移動平均線と水平線を使用してトレードすることによって勝てる相場が理解できるうようになりました。

特に初心者の方や、いろんな教材を購入してごちゃごちゃになっている方にもおすすめの書籍です。参考にしてみてください。

維新流トレード術無料冊子「22の技術」

冊子PDFはこちらよりご覧いただけます


勝ち組のメンバーを増やし、オフ会や勉強会開催に向けて

このサイトを参考にして頂いたり、気付きになった人などFXでの収入で自立した人生を送る方を広く募集します。FXは孤独です。少しでも「悩み」「不安」を解消できるような仕組みを作り、あなたのトレード技術の向上になるような位置づけにしたいです。FXの勉強会やオフ会交流会などを開催していく為ブログランキングに参加することになりました。

この記事や当サイトがあなたの少しでもお役に立ちましたら、
↓応援クリックお願いします。m(__)m
「 Ctrl 」キー を押しながらクリックしていただくと簡単です。