トレンドの終焉を予測してはいけない

トレンドの終焉を予測するようなルールはお勧めできません。たとえわかりやすいサポートラインやレジスタンスラインがあってもです。

例えば、オシレーターの買われすぎ売られすぎで逆張りしたり、利食いを早めたり、エントリーを見送ったりなどがそれに当たります。

しかし、上記のようなことをトレンドの終焉予想には使わない事をおすすめします。

トレンドはいつか終わる

トレンドが長く続くと、「そろそろ終わるのではないか・・・」となぜか思ってしまうものです。

それによって、まだ目標到達地点に到達していないのに利食いしてしまったり、エントリーのチャンスが来ているのにビビッて見送ったり、などの醜態をさらしてしまいます。

この醜態は常勝トレーダーへの遠回りになってしまいますので絶対にやらない方が良いです。

私のトレード手法では、下位足(執行時間足)ダウ理論で転換が出ない限り、トレンドは続くものと信じることが前提となっています。

トレンドは上昇トレンドでも下降トレンドでもいずれ終わります。しかし、いつ終わるかは誰にも分かりません。

転換のシグナルが出ずに、上昇トレンドが続く限りはひたすらロングを狙ってください。ひたすらです。ビビる必要もありませんし、躊躇する必要もありません。淡々とタイミングを掴み買いエントリーして下さい。


待つという行為の重要性

そして目標利食い地点に到達するまでじっくり待ってください。

このじっくりと「待つ」という行為が自然にできるようになるのがとても大変なのですが、利確目標ラインまでくるまで待ちます。

淡々とトレード

トレンドが反転して損切りになったとしても、「早く利食いしておけば良かった!」などとは思わないで下さい。1度や2度はうまく行くかもしれませんが、ルール通りの利確方法を習得しないと常勝トレーダーへの道のりが遠のいてしまいます。

レートの動きのみに注目して、余計な感情を持たずに淡々とトレードをしていきましょう!

最後まで、読んでいただきありがとうございました。