相場はまさに生き物ですね。大きく動く日なんてある程度は理解できるチャート形状をしているのに、マスコミは大きく危機感を煽って報道します。このギャップはある意味怖いです。

株価暴落

2018年2月6日は株価がかなり下がったようですね。私は株をやっていませんので、そうなんだ~的な思いしかありませんが…
少し気になったので日経平均のチャートをチラ見すると、ただの上昇トレンドに乗った投資家の利確ポイントに達したので、多くの勝っている投資家が利確しただけではないか!?と思えるチャートの形をしておりました。

無料冊子「維新流トレード術」(ページ下部から申し込めます)でこのような概念を持てるようになったのですが、実際多くの勝っている投資家が自分のノウハウを公開することはあまりなく、もくもくとチャートに向かい合ってトレードしているだけだと思います。



そんな中、トレードの概念を込む無料冊子で自分の概念に取り入れることによって、かなりチャートの景色が変わり、トレードが随分「楽」になりました。

今日はスキャルピングの話を1つします。

スキャルピングで勝つためには?

私は、スキャルピングをしようと思う日は、下記を意識しております。

勝率重視

勝ちも10pips、負けも10pips(本当はダメなんですが…)と決めてのスキャルピングの場合は、完全にシステムチックに考えます。勝率を6割以上で保てる相場(通貨ペア・時間帯)を選択してスキャルします。

※上記の(本当はダメなんですが…)の意味←非常に重要な概念
10pipsで利確するはまだわかります。しかし負けを10pipsと設定するのは、自分本位の選択で、市場が自分がエントリーしたところから10pipsの所にみんな損切りをおいているか?と言われると絶対に置いていません!

多くは、チャートの波や高値安値を意識しているので、10pips超えたら損切りというルールは全く持って無意味です。これは「維新流トレード術」を読み込めば理解できます。

まとめ

要するに、スキャルピングは、質より量で勝負しているのが、私のスキャルピングです。もちろんその前提に1時間足、4時間足の相場環境を把握しています。

実際にスキャルでロングエントリーして、相場が急に下がり始めることはざらにあるのですが、ここでショートエントリー・損切りずらし・両建て なんて絶対にしません!プロではないのでただの1個人投資家がこのようなトレードをすることはダ他のギャンブルになります。ここはすごくメンタル(自分の強い意志)が必要ですが、絶対にしないと心に決めないとお金がもったいないですね。

FXで「待つ」ための最強の無料冊子

FXで勝つようになりたいなら、下記を守れるかどうかにかかっています!

・勝てる相場のみでエントリーする
・損切りルールを守る

頭ではわかっていても、実際にトレードとなると守れないものです。

なぜでしょうか?

それは、相場を対局的に俯瞰できていないからという事がルールを守れない大きな理由です。
勝てる相場のみで勝負しないと絶対に最終的に勝てません。負ける相場ももちろんありますが、トータルで利益が残るトレードが重要です。

私は、こちらの書籍で概念を理解しました。とても参考になる書籍で送料のみでお手元に届きます。大衆心理を利用し、移動平均線と水平線を使用してトレードすることによって勝てる相場が理解できるうようになりました。

特に初心者の方や、いろんな教材を購入してごちゃごちゃになっている方にもおすすめの書籍です。参考にしてみてください。

維新流トレード術無料冊子「22の技術」

冊子PDFはこちらよりご覧いただけます

勝ち組のメンバーを増やし、オフ会や勉強会開催に向けて

このサイトを参考にして頂いたり、気付きになった人などFXでの収入で自立した人生を送る方を広く募集します。FXは孤独です。少しでも「悩み」「不安」を解消できるような仕組みを作り、あなたのトレード技術の向上になるようなサイト情報の公開とオフ会を実施します。FXの勉強会やオフ会交流会などを開催していく為ブログランキングに参加することになりました。

この記事や当サイトがあなたの少しでもお役に立ちましたら、すぐ下にあるブログバナー(2個)クリックお願いしますm(__)m
それぞれ「 Ctrl 」キー を押しながらクリックしていただくと別ページで表示されます。
    にほんブログ村 為替ブログ FX サラリーマン投資家へ