FXトレードでのメンタルを強くする方法

私はFXを始めるまで、自分のメンタルは強いと思っていました。

会社員の時は、上司に怒られかなりへこむこともあります。また取引先とのトラブル・クレーム対応等で多くの修羅場もありましたが、精神的にやられることはありませんでした。飲みに行けば次の日には忘れるくらいのことでした。

ところが、FXを始めてみると、トレードに関する自分のメンタルの弱さに驚きます!

  • なぜ、損切りを遅らせてしまうのか?
  • なぜ、早く利食いをしてしまうのか?
  • なぜ、ルールに逆らったエントリーしてしまうのか?

上記を自分なりに考えてみました。そして、ある結論ではないかと思いました。それは「前のトレードを引きずっているから」と自分なりに結論づけたのです。

トレードで負けると「嫌な気持ち」になり、何とか負けを取り返そうと自然に思ってしまいます。

その嫌な気持ちのまま、次のトレードを迎えているために理由もなくエントリーしてしまったり、ルールを破った早めの利確してしまうのではないかと。

そこでまた考えます。どうすれば「嫌な気持ち」にならないのかと。

FXトレードは相手が必ず存在する

そもそもトレードは一人で行っているわけではなく必ず相手がいます。自分がロングのポジションを持つならば、どこかでショートしているトレーダーが必ず存在するわけです。そこで、自分の対戦相手を設定することにしました。

FX業者が提供する売買ツールには、保有ポジション一覧などの現在自分が保持しているポジションに関する情報を見ることが出来ます。

ここに新たに「対戦相手」という項目が追加されたと設定するのです。

「対戦相手」とは、自分がエントリーしたロングのポジションに対して、ショートのポジションを持っているのが誰なのかわかる機能ということです。

ここに誰が出てきたら、負けても嫌な気持ちにならないかと考えました。

真っ先に思い付いたのは「ジョージ・ソロス」です

自分がロングしたとします。対戦相手は誰だろうと思って確認します。そこには「ジョージ・ソロス」と出ています。

負けるな…汗、と誰でも個人投資家は思います。ジョージ・ソロスのショートに対して自分はロングしています。勝てる気がしません。トレードするときは常に、対戦相手はあのソロスである。と勝手に設定するようにしてみました。

対戦相手はソロスです。ある程度負けを受け入れる状態が心理的にできあがります。

メンタルは自分で鍛えられる

対戦相手はジョージ・ソロスであるを続けることで、負けても嫌な気持ちが薄れていきます。

もちろん、今でも負けると少しは嫌な気持ちになります。しかし、しっかりと自分のトレードルールを守っているし、根拠のあるポイントでのエントリーである、さらに逆のポジションを持っているのはソロスである。

このように考えれば、負けを引きづることがありません。しかし、負けトレードも記録して必ず振り返りを行います。負けトレードを振り返り改善する事で自分のトレードが洗練されることは間違いありません!

参考になれば幸いです。

FXで「待つ」ための最強の無料冊子

FXで勝つようになりたいなら、下記を守れるかどうかにかかっています!

・勝てる相場のみでエントリーする
・損切りルールを守る

頭ではわかっていても、実際にトレードとなると守れないものです。

なぜでしょうか?

それは、相場を対局的に俯瞰できていないからという事がルールを守れない大きな理由です。
勝てる相場のみで勝負しないと絶対に最終的に勝てません。負ける相場ももちろんありますが、トータルで利益が残るトレードが重要です。

私は、こちらの書籍で概念を理解しました。とても参考になる書籍で送料のみでお手元に届きます。大衆心理を利用し、移動平均線と水平線を使用してトレードすることによって勝てる相場が理解できるうようになりました。

特に初心者の方や、いろんな教材を購入してごちゃごちゃになっている方にもおすすめの書籍です。参考にしてみてください。

維新流トレード術無料冊子「22の技術」

冊子PDFはこちらよりご覧いただけます

勝ち組のメンバーを増やし、オフ会や勉強会開催に向けて

このサイトを参考にして頂いたり、気付きになった人などFXでの収入で自立した人生を送る方を広く募集します。FXは孤独です。少しでも「悩み」「不安」を解消できるような仕組みを作り、あなたのトレード技術の向上になるようなサイト情報の公開とオフ会を実施します。FXの勉強会やオフ会交流会などを開催していく為ブログランキングに参加することになりました。

この記事や当サイトがあなたの少しでもお役に立ちましたら、すぐ下にあるブログバナー(2個)クリックお願いしますm(__)m
それぞれ「 Ctrl 」キー を押しながらクリックしていただくと別ページで表示されます。
    にほんブログ村 為替ブログ FX サラリーマン投資家へ