よく1波を獲りにいくトレードをした時に、天底取れないかと考えてしまい、上昇途中の一旦の押し目なのに、天を思い利確してしまう事があります。この対策を解説していきます。



頭と尾はくれてやれとは?

FX相場格言に、「頭と尻尾はくれてやれ」という相場格言があります。
意味はこちら

FX相場格言『頭と尻尾はくれてやれ』の意味を解説

相場の1波を獲りに行くトレーダーはよく理解しておく必要がある格言と考えております。

必要経費と考える

よく、負けトレードは必要経費だ!と教えているトレーダーもいます。
私もどちらかというとその通りと思います。そして経費は少ない方が良いとも思います。要するに負けトレードを減らうために、

わかりやすい所のみでトレードする

これに尽きると思いますね。

トレードを1つの事業と考えると、当然売上(利確)を増やし、経費を抑えて、利益を伸ばす。この原理原則はゆるぎないものですね。しかし負けトレードを0にすることは不可能です。損失を受け入れる、損切りは「必要経費」と深く理解していきましょう!

プロスペクト理論対策として使える

上昇トレンドの場合、例えば、1万円の利益がでて、一旦押し目をつけるような動きになり、下げて7000円の利益になった時、人の心理って損した気持ちになります。

あ~、1万円の所で利確すればよかった…

なんて思ってしまうものです。

これが簡単に言うとプロスペクト理論であります。しかし実際トレードしていくにつれて、天底を確実に取れるトレードなんてあまりありません。自分のルールにもよりますが、私のトレードルールでは不可能です。

よって、プロスペクト理論に陥らないように頭と尻尾は必要経費と考えてトレードすれば、随分気持ちが「楽」になり、トレードの精度が上がります。

チャートは基本「N字」を作りながら動きます。この「N字」が必要経費とも考えれるので、頭と尻尾は必要経費割り切ってトレードに向き合う事をお勧めします。

FXで「待つ」ための最強の無料冊子

FXで勝つようになりたいなら、下記を守れるかどうかにかかっています!

・勝てる相場のみでエントリーする
・損切りルールを守る

頭ではわかっていても、実際にトレードとなると守れないものです。

なぜでしょうか?

それは、相場を対局的に俯瞰できていないからという事がルールを守れない大きな理由です。
勝てる相場のみで勝負しないと絶対に最終的に勝てません。負ける相場ももちろんありますが、トータルで利益が残るトレードが重要です。

私は、こちらの書籍で概念を理解しました。とても参考になる書籍で送料のみでお手元に届きます。大衆心理を利用し、移動平均線と水平線を使用してトレードすることによって勝てる相場が理解できるうようになりました。

特に初心者の方や、いろんな教材を購入してごちゃごちゃになっている方にもおすすめの書籍です。参考にしてみてください。

維新流トレード術無料冊子「22の技術」

冊子PDFはこちらよりご覧いただけます


勝ち組のメンバーを増やし、オフ会や勉強会開催に向けて

このサイトを参考にして頂いたり、気付きになった人などFXでの収入で自立した人生を送る方を広く募集します。FXは孤独です。少しでも「悩み」「不安」を解消できるような仕組みを作り、あなたのトレード技術の向上になるような位置づけにしたいです。FXの勉強会やオフ会交流会などを開催していく為ブログランキングに参加することになりました。

この記事や当サイトがあなたの少しでもお役に立ちましたら、
↓応援クリックお願いします。m(__)m
「 Ctrl 」キー を押しながらクリックしていただくと簡単です。