FX商材の手法を自分勝手に掛け合わすと大変な目にあう…

私はこれまで多くの商材を購入してきました。裁量トレード、サインツールと色々購入しています。

手法を色々と持っていると、手法同士を掛け合わせたい欲求が出てきます。捕らぬ狸の皮算用的な発想で、こうすればもっと儲かるという思考が湧いてきてしまいます。

とある裁量トレードの手法を実践しているとき、「悪くはないけどなかなか利益が出ないな」と感じていました。そんな時に、FX商材のアフィリエイトを見ていたところ、良さそうな別の手法を見つけてしまいました。

この時は、連敗中だったために、すぐに新しい手法を購入して、手法の掛け合わせを試しました。ここまでは問題ないと思います。

ここまでは失敗ではないと思います。

楽すると失敗するのがFX

しかし、ここからが失敗です。

しっかりとした検証もせずに、

「基本は手法ルールに従うが、別の手法のエントリー条件を満たせばエントリーしてもOKとする。」

という身勝手なルールを加えてしまいます。エントリーチャンスが少ないので無理やり合体させてしまったわけです。

これは、優位性のあるトレード手法を作り上げてみようという考えではなく、単にエントリー回数を増やしたいという欲求を満たすためだけの行為です。結果は、ご存知の通り、余計にトータルで負けが多くなります。

更なる失敗が始まる

手法に従ってエントリーしたポジションが今にも損切りにかかりそうなとき、損切りしたくないばかりに、新しい手法の損切りルールで損切りを遅らせます。

手法でエントリーしたポジションにもかかわらず、損切りだけ別のルールを使うという根拠が疎かなトレードです。汗

そして、もうお分かりのように損失が拡大していきます。

自分勝手に手法をミックスさせるには十分な検証が必要

手法と手法を合体させること自体は問題ありません。それにより、自分独自の優れた手法が誕生する可能性はあります。しかし、やってはいけないのは、自分のダメな欲求を満たすためだけに手法を合体させ、身勝手な都合でルールを運用することです。

手法をミックスするのであれば、

  • 自分勝手で曖昧な部分は完全に排除すること
  • ミックスした手法を最低1年の過去検証を行うこと

この2点が本当に重要です。

今になって振り返ると、何であんなことしたんだろうか・・・と反省することばかりです。無駄な回り道をすることなく、常勝トレーダーを目指してください。参考になれば幸いです。

FXで「待つ」ための最強の無料冊子

FXで勝つようになりたいなら、下記を守れるかどうかにかかっています!

・勝てる相場のみでエントリーする
・損切りルールを守る

頭ではわかっていても、実際にトレードとなると守れないものです。

なぜでしょうか?

それは、相場を対局的に俯瞰できていないからという事がルールを守れない大きな理由です。
勝てる相場のみで勝負しないと絶対に最終的に勝てません。負ける相場ももちろんありますが、トータルで利益が残るトレードが重要です。

私は、こちらの書籍で概念を理解しました。とても参考になる書籍で送料のみでお手元に届きます。大衆心理を利用し、移動平均線と水平線を使用してトレードすることによって勝てる相場が理解できるうようになりました。

特に初心者の方や、いろんな教材を購入してごちゃごちゃになっている方にもおすすめの書籍です。参考にしてみてください。

維新流トレード術無料冊子「22の技術」

冊子PDFはこちらよりご覧いただけます

勝ち組のメンバーを増やし、オフ会や勉強会開催に向けて

このサイトを参考にして頂いたり、気付きになった人などFXでの収入で自立した人生を送る方を広く募集します。FXは孤独です。少しでも「悩み」「不安」を解消できるような仕組みを作り、あなたのトレード技術の向上になるようなサイト情報の公開とオフ会を実施します。FXの勉強会やオフ会交流会などを開催していく為ブログランキングに参加することになりました。

この記事や当サイトがあなたの少しでもお役に立ちましたら、すぐ下にあるブログバナー(2個)クリックお願いしますm(__)m
それぞれ「 Ctrl 」キー を押しながらクリックしていただくと別ページで表示されます。
    にほんブログ村 為替ブログ FX サラリーマン投資家へ