FX常勝トレーダーになる為にやってはいけないことVol.2

前回の「FX常勝トレーダーになる為にやってはいけないこと」が反響が多くありましたので、その続編(過去に私自身がやらかしてしまった失敗トレード)についてお話します。こちらを参考にしていただき、上昇トレーダーへの近道を知ってください。

今回は、トレードルールに関してのやってはいけないことです。

トレードルールを破る?

あなたも自分のトレードルールを持っていると思います。トレードルール(トレード手法)をお持ちでない方は、常勝トレーダーの手法を参考にしてください。

⇒常勝トレーダーのトレード手法はこちら

ルールをお持ちとしたら、今年は何回ルール違反をしましたか?

もし1回もルール違反をしていないとしたら、既に勝ち組トレーダーか、その入り口近くにいることは間違いありません。

実は優位性のあるトレード手法を手に入れることはそれほど難しくありません。それを「守り続ける」ことが本当に難しいのです。色々な書籍やネットでも同じようなことを皆伝えています。

同じジャンルの書籍を数冊読んでいると、「この内容は前の書籍でも書いていた」という事が多くあります。繰り返し同じことが書かれていたりすれば、その内容は、とても重要という事です!

FXトレードに関しても同じです。本当に重要な原理原則となりまのすので、自分の感情を入れずに淡々とルールに従ってください!

含み益になったらすぐに利食いをしてしまう

エントリーしてすぐ含み益になったが、その後レンジに突入。逆行して含み損になるのが嫌で、目標利確地点に達していないのに利食いしてしまう。

プロスペクト理論ですね。そんなチキン利食いトレードほど、その後伸びてい事が多いです(´;ω;`)


根拠なく枚数を増やしてしまう

連敗トレードが続いたとき。確率的に次こそは勝てると勝手に考え、負けを取り戻すために資金管理ルールを無視し、いつもの数倍の枚数でトレードしてしまう。

感情に振り回されている証拠ですね(´;ω;`)

ルールを無視したエントリー

1日中チャートを監視できる日というのが兼業トレーダーでもたまにあります。

レーレードチャンスがない日だったにも関わらず、チャートに張り付いた時間がもったいないと思ってトレードルールを無視したエントリーしてしまう。

当然のように損切りにされてしまいます(´;ω;`)

ビビッてエントリーできなくなってしまう

連勝したあとや連敗したあとによくあります。

トレードルールに従えばエントリーポイントではないのに、意味もなく恐れてエントリーを見送ってしまう。

そういうときほど大きなトレンドが発生したりする(´;ω;`)

損切りラインを移動させる

確率が高いポイントで自信を持ってエントリーしたとき。

エントリー後、損切りすべきポイントに来たのに、何らかの理由をつけたり、問答無用で損切りラインをずらしてしまう。

私はこれの克服にかなりの時間を費やしました(´;ω;`)


まとめ

まだまだあります。あげればキリがありませんのでこの辺でやめておきますね。

これが過去に「何度も何度も」しでかしたやってはいけないトレードです。

ルール破り負けた後は、反省し、トレードを振り返ると、「なぜここでエントリーしたのか?」と自分を疑いたくなることがたくさんあります。

そして、次からは絶対にトレードルールを守ると心に誓い就寝します。

しかし、次の日になると、また同じようにトレードルールを破りトレードしてしまいます。

トレードルールを破り失敗を経験することは、誰もが通る道なのかもしれません。そしてその失敗が成長させてくれるかもしれません。しかし、この失敗には自分の大切な資金を失ってしまいます。

資金が絡んでいない失敗トレードなら、「失敗も成長の糧」としていいですが、資金を絡ませないと上達もあり得ません。

ルールを守るようになるためには?

上記のルール破りを繰り返しているなら、一度、きっちりとした「トレード日誌」を毎回つけることがとても重要です。

トレード日誌は、1トレード毎で作成していきます。この作業が重要なんですが、非常にめんどくさいんです。負けたトレード日誌を作成するのがとてもつらく面倒なのですが、この作業を怠っていけません。

勉強でも、予習と学習と復習のバランスは、

予習(0.5) 学習(1) 復習(2)

このバランスが黄金比と言われています。要するに復習が常勝トレーダーへの近道だというこです。トレードの復習に最適なのは、トレード日誌です。トレード日誌をきちんとつける「癖」をつけましょう!

最後まで、読んで頂きありがとうございます。参考になれば幸いです。