FXのエントリーのタイミングは、ある水平線を抜けた瞬間にエントリーするか、ローソク足が確定するまで待つのかを考えてみたいと思います。



エントリーする時って

自分の感情でない、しっかりとトレードルールに従って、FXトレードを行っている場合に考えてしまう課題です。

抜けた瞬間エントリーするか?、
エントリー執行時間足の1本のローソク足が確定してからエントリーするか?

私もかなり迷った時期がありますので、ここである程度解説していきたいと思います。抜けた瞬間にエントリーして、そのエントリーは天底の天でそのまま下げていく相場環境なんてあったりしていたものです。

抜けた瞬間が有利!?

抜けた瞬間にエントリーする事は、狙っている1波の最初をとらえることになり、pips数は大きくなるのが特徴です。より多くのPIPSを獲得したいと考えているトレーダー向きなトレードルールかもしれませんね。

たまに同じような考えが相場に反映されて抜けた瞬間大きく動くこともあります。

この抜ければ大きく動くという快感といいますか、大衆心理をうまく利用したエントリーは心地いいものです。虜になってしまう事があるのである意味注意が必要なエントリー手法かもしれません。

理由は、抜けた瞬間大きく動かなかった時に自分のトレードは正しいエントリーだっただろうか?と自問自答してしまい、チキン利食いやよく意味の分からない所まで損切りをずらしたりしてしまいます。

やっぱりローソク足確定を待つべき!?

ローソク足が確定してからのエントリーは、ダマシにあう事が減るという特徴があります。5分足・15分足なんて少し抜ける事なんてざらにあります。この水平線をヒゲで抜けたぐらいでは、抜けていないと判断される相場環境もあります。

しっかりと抜けてローソク足を確定してからのエントリーの方が、ダマシに合う事少なくなり有利なエントリー条件となる事もありますね。

まとめ

あるエントリーすると決めた水平線やトレンドラインを抜けてくるときに、どのくらい相場に勢いがあるのかで、抜けた瞬間にエントリーするか、だましを回避するためにローソク足が確定後にエントリーするかと変わってきますね。

私の場合は、OCO注文が多いので、結果、抜けた瞬間のエントリーとなります。

この記事を読んでいる上級者のトレーダーからすれば、結論は・・・

どっちでもいい

と答えると思います。数pipsの誤差はあると思いますが、エントリーのタイミングなんてかなりアバウトですよね!?この感覚がわかってくれる勝ち組トレーダーは多いと思いますので、あまり、深く考えないでいい課題です。

あるゾーンでの1波を獲りに行くと考えているトレーダーにとってはこの水平線をヒゲでも実体で抜けても結果、思惑通りの方向に進むので、ローソク1本単位で考えずに、ブロックというかゾーンというかローソク足複数本単位の1波と考えています。

1本1本のローソク足と向き合うのは、デイトレーダーなら日足くらいでいいと思います。そうでないと疲れて集中してトレードなんてできません(;^ω^)

思い切って、自分のトレードルールに従って、楽しくトレードしていただければ幸いです。

FXで「待つ」ための最強の無料冊子

FXで勝つようになりたいなら、下記を守れるかどうかにかかっています!

・勝てる相場のみでエントリーする
・損切りルールを守る

頭ではわかっていても、実際にトレードとなると守れないものです。

なぜでしょうか?

それは、相場を対局的に俯瞰できていないからという事がルールを守れない大きな理由です。
勝てる相場のみで勝負しないと絶対に最終的に勝てません。負ける相場ももちろんありますが、トータルで利益が残るトレードが重要です。

私は、こちらの書籍で概念を理解しました。とても参考になる書籍で送料のみでお手元に届きます。大衆心理を利用し、移動平均線と水平線を使用してトレードすることによって勝てる相場が理解できるうようになりました。

特に初心者の方や、いろんな教材を購入してごちゃごちゃになっている方にもおすすめの書籍です。参考にしてみてください。

維新流トレード術無料冊子「22の技術」

冊子PDFはこちらよりご覧いただけます


勝ち組のメンバーを増やし、オフ会や勉強会開催に向けて

このサイトを参考にして頂いたり、気付きになった人などFXでの収入で自立した人生を送る方を広く募集します。FXは孤独です。少しでも「悩み」「不安」を解消できるような仕組みを作り、あなたのトレード技術の向上になるような位置づけにしたいです。FXの勉強会やオフ会交流会などを開催していく為ブログランキングに参加することになりました。

この記事や当サイトがあなたの少しでもお役に立ちましたら、
↓応援クリックお願いします。m(__)m
「 Ctrl 」キー を押しながらクリックしていただくと簡単です。