これから上がるのか?下がるのか?って誰でも予想してしまうのが、FXでもあります。FXはギャンブルではないとわかっているけど、ある程度のトレード経験があれば予想してしまいます。

しかし!

この予想は良くないとしてシナリオを立てるという考え方にシフトすれば、かなり上達すると思いますのでその方法をお伝えします。



チャート予測はしてはいけない

わかっていると思いますが、FXは予想する投資ではありません。予想するならバイナリーオプションが良いでしょうね。レバレッジは約2倍ですが、確実に予想できるところにエントリーすれば結構な利益になります。

因みに、私もトレード保有中時などの暇な時間帯にバイナリーするときがあります。

話を戻して、チャートの右側を予想するのではなく、シナリオを立てるという考え方にシフトすることが重要です。

  • この水平線を超えてきたら、これからN字を描いてこのように上昇していったんの目標値はこのサポートライン
  • この水平線で何度もサポートされたら、一旦下落の波を作るが、強固なサポートラインがあるのでここで止められるだろう

とシナリオを立てて考察する事が非常に大切です!右側でできるであろうチャートの形状のシナリオを考えていく能力、何通りものシナリオを自分で考察する能力が高くなれば、絶対にトレードが上達するので是非やってみてください。

シナリオを手助けする2つのツール

いきなりシナリオを考えろって言われても何をどのようにすればよいのかがわかりません。

そこで、シナリオを考えやすくするための2つの補助ツールを紹介します。

①水平線
②複数の移動平均線(1時間足なら20MA+80MA+480MA)

維新流トレード術では、この水平線と移動平均線の位置や方向や向きを重視したトレード術です。この2つを利用することによってシナリオを立てる事ができます。

詳細を具体的に解説している無料冊子がありますので、このページの下部の「22の技術」を手に入れてください。

シナリオは2通り考える

シナリオを考える場合は、必ず2つ以上のシナリオを立てる事が大切です。

①上昇するシナリオ
②下落するシナリオ

この2つを絶対に考えておきましょう!思いっきり上昇するだろうと思うチャート形状でも、上昇するシナリオを下落するシナリオを考える事です。上昇シナリオ通り、上昇しても大口投資家のふるい落としによる大きな陽線ができることもあったり、ファンダメンタルで下落する事だってあります。

ある程度の許容範囲も自分なりにわかってきますので、ローソク足1本1本に一喜一憂する事がなくなります。

更に、シナリオ通りの動きをすれば自分のトレード手法が正しいですので、トレードにも自信がつきますね。私は毎朝(月~金曜日)にシナリオを考える習慣を作りました。

その結果、チャートとずっとにらめっこする必要もなくなり、トレードの「待つ」という意味も十分理解できてきました。おススメなので是非、チャートの右側を作るシナリオを2通り立てる考え方を身に付けてください。

FXで「待つ」ための最強の無料冊子

FXで勝つようになりたいなら、下記を守れるかどうかにかかっています!

・勝てる相場のみでエントリーする
・損切りルールを守る

頭ではわかっていても、実際にトレードとなると守れないものです。

なぜでしょうか?

それは、相場を対局的に俯瞰できていないからという事がルールを守れない大きな理由です。
勝てる相場のみで勝負しないと絶対に最終的に勝てません。負ける相場ももちろんありますが、トータルで利益が残るトレードが重要です。

私は、こちらの書籍で概念を理解しました。とても参考になる書籍で送料のみでお手元に届きます。大衆心理を利用し、移動平均線と水平線を使用してトレードすることによって勝てる相場が理解できるうようになりました。

特に初心者の方や、いろんな教材を購入してごちゃごちゃになっている方にもおすすめの書籍です。参考にしてみてください。

維新流トレード術無料冊子「22の技術」

冊子PDFはこちらよりご覧いただけます

勝ち組のメンバーを増やし、オフ会や勉強会開催に向けて

このサイトを参考にして頂いたり、気付きになった人などFXでの収入で自立した人生を送る方を広く募集します。FXは孤独です。少しでも「悩み」「不安」を解消できるような仕組みを作り、あなたのトレード技術の向上になるようなサイト情報の公開とオフ会を実施します。FXの勉強会やオフ会交流会などを開催していく為ブログランキングに参加することになりました。

この記事や当サイトがあなたの少しでもお役に立ちましたら、すぐ下にあるブログバナー(2個)クリックお願いしますm(__)m
それぞれ「 Ctrl 」キー を押しながらクリックしていただくと別ページで表示されます。
    にほんブログ村 為替ブログ FX サラリーマン投資家へ