FX商材を量産している、FX商材販売大手企業にまで成長した、クロスリテイリングさんのデイトレ(5分足)商材「ダイヤモンド・トレンドFX」のレビューになります。

講師は、年間20,000pipsを獲得した手法で、10年連続億トレーダーのダイスケ氏です。以前にも同社から商材を発売していましたが、私の印象ではスイングトレーダーという印象でした。今回は5分足を使用したデイトレ手法です。

ダイヤモンド・トレンドFXの手法は、ハーストというインジケータを使用し、トレンドの強さ弱さをまず判断するという通貨強弱を利用した手法となります。また単体通貨チャートを使用しトレンドの強さを判断するというものです。

商品名:ダイヤモンド・トレンドFX
特典付き販売サイト:https://fxscal300.com/5bpw

実績の信頼性

いつものように販売ページには、ダイスケさんの実績が掲載されています。この実績の信頼度は低いと言わざるを得ません。

ダイヤモンド・トレンドFXの実績金額
引用元:ダイヤモンド・トレンドFX販売ページ

こちらの履歴はMT4のレポートより抽出されたものだと思いますが、合計金額のところに「Closed P/L」という文字が見えます。「Closed P/L」という意味は決済済みの履歴合計という意味で、決済されていないポジションは含まれていないということです。要するに塩漬けされているポジションがある可能性もありますので、こちらん実績数字はあまりあてにしない方が良いという考えになります。

このようにMT4での合計金額を表示されている場合は「Closed P/L」という文字があるかないかを見てほしいと思います。そして販売側も手法すべてのポジション内容を公開していただき、購入者の信用を得てほしいと思います。購入者も勝率100%の手法なんてあるわけないというくらいは理解しています。


トレンドは強いほど勝ちやすい?

ダイヤモンド・トレンドFXの最大の特徴は、「ハースト」というインジケータを使用し、トレンドの強さをひと目で判断できるということです。販売サイトにもこのように解説されています。

このハーストは、FXをかなりやっている人でも、
聞き慣れない言葉だと思います。

元々は、確率論で使われている、数学的概念なのですが、
このインジケーターを組み合わせることで、
利益を最大化させることが、可能になってくるんですね。

トレンドの強弱を見極めるために、世の中のトレーダーは、
いろんなインジケーターを使っていますが、

僕がはっきりと自信をもって言えるのは、
トレンドの強弱を読み解く上で、このハーストが最強。

それは間違いありません。

また、単体通貨を使用して、強い通貨と弱い通貨を見極めて、トレンドの強い通貨ペアを選択するというものです。こちらも販売サイトでは以下のように解説されています。

これからトレードしようとしている通貨が、
「どのくらいの強さなのか」を、明確に示してくれます。

「いまドルの強さはこれ」
「円の強さはこれ」
「ポンドの強さはこれ」
「ユーロの強さはこれ」

と、通貨の強さを、それぞれハッキリと教えてくれます。

なので答えはすごくわかりやすくて、

一番強い通貨と、一番弱い通貨の組み合わせ

1番強い通貨と1番弱い通貨の通貨ペアというのは確かにトレンドを形成している場合が多く、勝ちやすいトレードをすることが可能になります。

しかし、実際にハーストでも単体通貨での通貨の強弱で強い通貨、弱い通貨の判別ができたとしても、それは今まで(過去)のことです。現在から節目ラインにタッチして逆行してくる可能性もあり、もっと長期足では、逆に弱い通貨ペアということもあります。

木を見て森を見ずではないですが、全体的にこの通貨ペアは5分足トレードに向いているのかという、自分なりの裁量判断が必要になるということです。ここは重要な部分なのでもう一度言いますが、サインだけでエントリーするのではなく、サインは50%の判断、残り50%は自分の裁量(長期足やレジサポライン等)を軸にトレードすれば、トレンドでは大きな利益につながると判断できます!

実際に使用してみた


こちらは、2019年2月22日のユーロ円5分足です。実際にダイヤモンド・トレンドFXを使用し、サイン(黄色の↓矢印)のところでショートエントリーを行い、約1時間後に利確したトレードになります。

18pipsほどを利益にしました。パーフェクトオーダーで、サインが出れば結構な確率でエントリーしてることが多いですね。そして相場が綺麗で素直な時にエントリーした結果だと思います。

次に、どこで利確するのかということですが、一応ダイヤモンド・トレンドFXでの利確のサインが表示されます。ただあまり根拠のないところで利確サインが出たり、利確サインが遅かったりすることが多いので、利確や損切りは自分の裁量判断を基準としています。

まとめ

手法の内容は実にシンプルで、しかもサインツールが搭載されているので、ずっとチャートを見ないでも、サインを見てエントリー判断すれば、良い商材、良い手法と思います。しかし、ダイヤモンド・トレンドFXは、半裁量ツールです。

サインだけでの勝率は50%と考えてください!

この勝率50%を60%、70%、80%と上げていくためには、あなたの裁量基準が必要となります。具体的に言うと、上位足の方向や強さ、レジサポラインやトレンドライン等を身につければ、ダイヤモンド・トレンドFXは有効なサインツールとして使えるのではないでしょうか!?

早くFXで勝ちたい。、毎月プラス収支で終えたい、毎日帰宅してパソコン見ればトレードしてプラスにして就寝したいと考えがちですが、半裁量だけでは絶対に上記のような状態にはなりません!

よって、半裁量ツールとして、あくまで自分のトレードルールの中のサポートツールとしてご使用になることを強くお勧めします。

ダイスケ氏本人による特典動画

こちらの下部のURL経由で「ダイヤモンドトレンドFX」をご購入頂きますと、ダイスケ氏本人による解説動画が特典としてプレゼントします。

【特別特典1】ダイヤモンド・トレンドFXツールを極めるための裁量判断
【特別特典2】最重要の裁量判断を用いた、Judgeパターンでのリアルトレード解説動画
【特別特典3】通貨の強弱判断を用いた高勝率なリアルトレード解説動画

ダイヤモンドトレンドFX結果

上記の解説動画を何度も見て頂くことによって、このツールを高勝率でトレードできるようになります。

商品名:ダイヤモンド・トレンドFX
特典付き販売サイト:https://fxscal300.com/5bpw

特典付きで購入する

ご参考になれば幸いです。ここまで読んでいただきありがとうございました!

FXで「待つ」ための最強の無料冊子

FXで勝つようになりたいなら、下記を守れるかどうかにかかっています!

・勝てる相場のみでエントリーする
・損切りルールを守る

頭ではわかっていても、実際にトレードとなると守れないものです。

なぜでしょうか?

それは、相場を対局的に俯瞰できていないからという事がルールを守れない大きな理由です。
勝てる相場のみで勝負しないと絶対に最終的に勝てません。負ける相場ももちろんありますが、トータルで利益が残るトレードが重要です。

私は、こちらの書籍で概念を理解しました。とても参考になる書籍で送料のみでお手元に届きます。大衆心理を利用し、移動平均線と水平線を使用してトレードすることによって勝てる相場が理解できるうようになりました。

特に初心者の方や、いろんな教材を購入してごちゃごちゃになっている方にもおすすめの書籍です。参考にしてみてください。

維新流トレード術無料冊子「22の技術」

冊子PDFはこちらよりご覧いただけます

勝ち組のメンバーを増やし、オフ会や勉強会開催に向けて

このサイトを参考にして頂いたり、気付きになった人などFXでの収入で自立した人生を送る方を広く募集します。FXは孤独です。少しでも「悩み」「不安」を解消できるような仕組みを作り、あなたのトレード技術の向上になるようなサイト情報の公開とオフ会を実施します。FXの勉強会やオフ会交流会などを開催していく為ブログランキングに参加することになりました。

この記事や当サイトがあなたの少しでもお役に立ちましたら、すぐ下にあるブログバナー(2個)クリックお願いしますm(__)m
それぞれ「 Ctrl 」キー を押しながらクリックしていただくと別ページで表示されます。
    にほんブログ村 為替ブログ FX サラリーマン投資家へ