大底を打ったのではと思いながらも、まだ下げるのではないかという恐怖でなかなか買えないという時の相場格言。そんな時こそ、勇気を持って買うべき、という意味。

ただしこの相場格言には注意が必要です。大きく上げてあとに「買い」を仕込むにはしっかりと「買う」理由があってのことです。ただ下げすぎたので買いを入れるなんていう素人的な観点での格言ではありません。大きく下げたが、しっかりと「買い」の条件がそろっているのであれば、迷わずに自分のルールにしたがって「買い」を自信を持って入れましょうという意味です。

FX相場格言集