小さな投資額を惜しんでいたら、百倍の利益を失うものがあるという相場格言です。

利益が乗ってきたのにもかかわらず、目標値にわずかな金額が足りないということで、手仕舞せず、その後徐々に値が下がり、結局はマイナスになり結果損切りしてしまうという結果になります。

また、今切るとわずかに損失が出てしまうといったことから、損切りできずに、最後には大損してしまうことです。

FX相場格言集