FX相場格言『急ぎ商い損のもと』の意味を解説

冷静な気持ちを忘れ、焦ってしまうと、取引のタイミングを誤りがちです。さらなる利益を伸ばすところを早く利食いしてしまったり、底値のところで、損切りしてしまい、損の元となります。

客観的に相場の勢いと方向性を見極めることに集中し、正しいと判断したときに売買すべきという意味です。

付け焼刃と言うか付け足し的なトレードを行うと痛い目に合うと言う格言です。

「そんなあたりまえのことはわかっとるわい」と言うお叱りの言葉もそこかしこから聞こえてきそうですが、十分わかっているような人が、目の前で出た思わぬ損失を何とか早いうちに穴埋めしたいと言った了見を起こした時がこの罠にはまるときです。
「いまのところ順調なのにこの損失が気に入らない」みたいな気持ちから損失の回収と言う事に心を奪われて行うようなトレードは大体急ぎ商いに当たるものでしょう。

あるいは安易に「逃したら悔やまれるチャンス」などと焦って手を出すのも同様です。

そういう時には冷静さにもルール順守の気持ちにも曖昧さが表面に出ているもので、ひとたびそう言う曖昧なトレードを行う事でそれ以後の自分のスタイルが崩れてしまうと言う事も起こりうることです。

FX相場格言集

FXで「待つ」ための最強の無料冊子

FXで勝つようになりたいなら、下記を守れるかどうかにかかっています!

・勝てる相場のみでエントリーする
・損切りルールを守る

頭ではわかっていても、実際にトレードとなると守れないものです。

なぜでしょうか?

それは、相場を対局的に俯瞰できていないからという事がルールを守れない大きな理由です。
勝てる相場のみで勝負しないと絶対に最終的に勝てません。負ける相場ももちろんありますが、トータルで利益が残るトレードが重要です。

私は、こちらの書籍で概念を理解しました。とても参考になる書籍で送料のみでお手元に届きます。大衆心理を利用し、移動平均線と水平線を使用してトレードすることによって勝てる相場が理解できるうようになりました。

特に初心者の方や、いろんな教材を購入してごちゃごちゃになっている方にもおすすめの書籍です。参考にしてみてください。

維新流トレード術無料冊子「22の技術」

冊子PDFはこちらよりご覧いただけます

勝ち組のメンバーを増やし、オフ会や勉強会開催に向けて

このサイトを参考にして頂いたり、気付きになった人などFXでの収入で自立した人生を送る方を広く募集します。FXは孤独です。少しでも「悩み」「不安」を解消できるような仕組みを作り、あなたのトレード技術の向上になるようなサイト情報の公開とオフ会を実施します。FXの勉強会やオフ会交流会などを開催していく為ブログランキングに参加することになりました。

この記事や当サイトがあなたの少しでもお役に立ちましたら、すぐ下にあるブログバナー(2個)クリックお願いしますm(__)m
それぞれ「 Ctrl 」キー を押しながらクリックしていただくと別ページで表示されます。
    にほんブログ村 為替ブログ FX サラリーマン投資家へ