冷静な気持ちを忘れ、焦ってしまうと、取引のタイミングを誤りがちです。さらなる利益を伸ばすところを早く利食いしてしまったり、底値のところで、損切りしてしまい、損の元となります。

客観的に相場の勢いと方向性を見極めることに集中し、正しいと判断したときに売買すべきという意味です。

付け焼刃と言うか付け足し的なトレードを行うと痛い目に合うと言う格言です。

「そんなあたりまえのことはわかっとるわい」と言うお叱りの言葉もそこかしこから聞こえてきそうですが、十分わかっているような人が、目の前で出た思わぬ損失を何とか早いうちに穴埋めしたいと言った了見を起こした時がこの罠にはまるときです。
「いまのところ順調なのにこの損失が気に入らない」みたいな気持ちから損失の回収と言う事に心を奪われて行うようなトレードは大体急ぎ商いに当たるものでしょう。

あるいは安易に「逃したら悔やまれるチャンス」などと焦って手を出すのも同様です。

そういう時には冷静さにもルール順守の気持ちにも曖昧さが表面に出ているもので、ひとたびそう言う曖昧なトレードを行う事でそれ以後の自分のスタイルが崩れてしまうと言う事も起こりうることです。

FX相場格言集