上昇の転機と自分なりに判断したら、ビビらずに勇気を持って買いなさいという格言。大幅に下げ、買い相場環境と思っても、不安材料があればなかなか買っていけない投資家心理を反映させた言葉です。

買い相場や売り相場のチャンスを逃さないために投資家に必要なものを云っています。

慎重と臆病は紙一重であり、そのバランスは投資家のメンタルにおいて最も重要な部分を占めております。

自分の決めたルールを守り、そのルールを満たしているのになかなか買えないほど臆病だと、FX投資で勝つことは出来ません。他の株や仮想通貨での投資でも同様です。

「一運」というだけあって、徹底的な分析をしても100%確実に勝てる相場はこの世の中ありません。
運の無い時はきっぱりと諦めて損切りするしか無いのですから、相場をやる以上いくら恐れていても仕方ない、と考えなければなりません。

相場を研究、分析して勝つための手法、ルールを築く事が大切です。

それでも、「運」が向いていない時は負けが続きます。
次に「資金」に余裕が無ければ運が向くまでに耐える事が出来ません。
そしてしっかりとした手法があり、たっぷりと資金があっても、最後に「度胸」が無ければ勝ちトレーダーになることは難しいでしょう!

FX相場格言集